今月のエースマイル

2017年05月号
一汁三菜を基本とした「にっぽんの食卓ごはん」
大戸屋ごはん処 店長佐野さん(写真中央)

お手本はお母さん。心も満たす美味しい食事を。

通りに面したSARA東館&パーキングにある大戸屋ごはん処。店長の佐野さんが「自分の子どもにも毎日食べさせられる」という大戸屋のメニューは、栽培方法や流通ルートにこだわって仕入れた素材を、下ごしらえから味付けまで全て店内で行っています。定食でお出ししているのは、栄養バランスを考えてのこと。もちろん、化学調味料などは一切使用していません。「お母さんが家で作るのと同じ、安心・安全でおいしい食事を、ご近所の方に召し上がって頂きたい」と佐野店長。子どもやおじいちゃん、おばあちゃんと一緒に、家族みんなで行きたくなるとてもアットホームなお店です。

大戸屋ごはん処スタッフ
大戸屋ごはん処
和定食
大戸屋ごはん処の鰹丼とせいろ蕎麦

今が旬。鹿児島県枕崎産の一本釣り鰹丼とせいろ蕎麦。

絶対食べていただきたいのが、鹿児島から届く初夏の初鰹。なかでも一本釣りの鰹は鮮度が落ちにくく、身がしっかりしているのが特長です。鰹を大き目のぶつ切りにした丼は、ピリ辛の 青唐醤油をかけて食べるのがおススメ。人気メニューのため、日によっては売り切れてしまうことも。鰹の仕入れに限りがあるので、早ければ5月中旬には終ってしまうメニューなのだそうです。
また、丼のご飯大盛り無料サービスや、せいろ蕎麦を温蕎麦にも変更可能と、細かな気配りが嬉しいですね。

常連さんは絶対食べる、さかなの炭火焼き定食。

大戸屋の自慢は、炭火で焼き上げる「さかなの定食」。皮はパリっと、身はふっくらジュージーに焼き上がって、一度食べたら忘れられない美味しさ。さば、しまほっけ、紅鮭、沖目鯛と種類も豊富。「さかなの定食」がお目当ての常連さんが沢山いるというのも納得です。しかもどれも1000円以下というお値段もうれしいですね。
もう一つ、圧倒的な人気を誇るのが「鶏と野菜の黒酢あん定食」。鶏の竜田揚げと素揚げした野菜を、特製の黒酢あんでからめたお料理です。ご飯、味噌汁、お新香、ミニサラダがついて、ボリュームも栄養バランスも満点。「近くに大戸屋があってよかった」と言ってもらえるお店になるのが目標だそうです。

大戸屋ごはん処のほっけ定食

注文を受けてから作る、テイクアウト用お弁当。

佐野店長のおススメは、テイクアウト用のお弁当。ちょっとした集まりに使える御前弁当やオードブルなど、メニューも充実しています。どのお弁当も注文を受けてから作るので、少し時間がかかりますが、それがおいしさを追求する大戸屋のこだわり。事前に電話で注文して、出来上がり時間に取りに行くのもオッケーです。早い時は15分ぐらいでできるので、「今日のランチは何にしよう…」「夕飯のおかずが足りない…」という時に利用するのも便利ですよ!

掲載日:2017年05月01日

こちらの情報は掲載時点での内容となります。あらかじめご了承ください。

大戸屋ごはん処より素敵なプレゼントがあります。
お楽しみプレゼントページへ(2017年05月末迄)

バックナンバー

No.115
大戸屋ごはん処(2017.05)
No.114
北海道ダイニング 炭火屋(2017.04)
No.113
しゃぶしゃぶ萬蔵(2017.03)
No.112
グリーンパークス トピック(2017.02)
No.111
auショップ(2017.01)
No.110
ドリームボックス(2016.12)
No.109
Palette(2016.11)
No.108
anyFAM(2016.10)
No.107
ディオワールド(2016.09)
No.106
JEUGIA(2016.08)
No.105
エディオン(2016.07)
No.104
UP FIELD(2016.06)
No.103
Cotton Rainbow(2016.05)
No.102
らんちょす。(2016.04)
No.101
INOBUN(2016.03)
No.100
kitcut(2016.02)
No.99
Book house ひらがき(2016.01)
No.98
SORA(2015.12)
No.97
無印良品(2015.11)
No.96
LOGOS SHOP(2015.10)
No.95
LEPSIM LOWRYS FARM (レプシィムローリーズファーム)(2015.09)
No.94
ミカヅキモモコ(2015.08)
No.93
Couleur(クルール)(2015.07)
No.92
ORIHICA(2015.06)
No.90
ALOOK(2015.04)
No.89
NEWS(2015.03)
No.87
カプリチョーザ(2015.01)