滋賀県の注文住宅・自由設計ならアヤハ不動産のアヤホーム

アヤホームで建てる、自由設計の家

お問い合わせ・資料請求

高品質で快適な住まいの提供

長期にわたり安心して暮らしていただける優良な住宅を提供するため、耐震等級最高ランク3・耐風等級最高ランク2を基本とした構造計算を全邸で実施。また住宅設備機器は最新のハイグレードモデルを標準採用しています。

構造安全検討

住宅性能表示制度の最高等級に準拠しています

建物の強さを表す指標として、品確法の住宅性能表示で[耐震等級][耐風等級]があります。最低の基準として建築基準法の範囲内を等級1とし、耐震は1~3、耐風は1~2と、等級が上がるにつれてより優れた建物となります。
当社では全棟において図面確定後に、品確法の基準及び等級に基づいた検討のため構造計算を実施しています。耐震等級最高ランク3、耐風等級最高ランク2の取得が可能です。
※住宅性能等級認定を受ける場合は別途費用がかかります。

地盤調査について

建物の配置が決定した後に、家の直下5ヶ所をスクリュードライバーサウンディング試験にて地耐力の測定を行います。ここで得られた試験結果を基に、地盤改良の要否及び改良工法の検討をし、建物に最適な施工をします。
お引き渡しの後は、地盤改良の有無にかかわらず、万一の建物不同沈下の際の修繕費用が20年間保証されます。

省エネ性能

夏涼しく冬暖かい高気密・高断熱住宅

次世代省エネ基準の発泡断熱材と第1種換気の全熱交換型24時間換気システムにより快適性と省エネを両立し、1年を通して快適で健康的な住環境をご提供しています。

外壁の断熱性能について

従来よりもCO2を削減する断熱材アクアフォームを採用しています。水の力により発砲し、無数の細かい連続気泡で構成された硬質ウレタンフォームを、外壁面や通気層をさけた屋根の裏側に現場で直接吹き付け施工し、家全体をすっぽり覆います。アクアフォームは細かい部分にも隙間無く充填でき粘着性が高いため安定した断熱効果を得られ、透湿性も低く断熱材内部に湿気を侵入させず、躯体内の結露を防止し建物の耐久性を高めます。

開口部について

外気の影響を受ける開口部には夏は涼しく冬を温かく、紫外線もカットするLow-Eペアガラスを採用しています。単板ガラスに比べ2倍の断熱効果があり、夏は室内に入る太陽の熱線を50%以上カットし、冬は室内熱を外へ逃がさないため遮熱性能に優れており、冷暖房効率が高くなり、省エネ性能に優れています。また、窓枠のアングル部には結露に強い樹脂アングルを使い、枠に発生する不快な結露の発生を減らします。

室内環境

24時間換気システム

高気密・高断熱仕様の住宅では、結露やカビの発生などによる、健康阻害の問題が指摘されているため、第1種換気の全熱交換型24時間換気システムを採用しています。換気による熱のロスが少なくなり、快適な室内環境を保ちます。

健康配慮対策

床板・壁紙等の室内仕上材は、壁紙や床を貼る接着剤も含めて、認定された低ホルムアルデヒド対策品(F★★★★)を使用しています。さらに施工中の床の養生保護材は、ホルムアルデヒド等を吸収する吸ホル養生ボードを使用しています。最近、特に注目されている化学物質過敏症やシックハウス症候群などが発症しづらくなるように対策を施しています。またバリアフリーを採用しており、小さなお子様からお年寄りまで安全で快適なフラット空間を実現しています。

改正省エネ基準(平成25年基準)達成

2020年までに義務化される改正省エネ基準適合住宅にも対応しています。
改定低炭素住宅同等仕様のグレードもご用意しています。
認定を受けると、住宅ローン控除の最大控除額が一般住宅よりも多くなるなどのメリットがあります。
私たちが得意としてきた断熱、気密性能に優れたプランもご用意していますので、
季節を問わず、快適に過ごせる家が実現します。

※認定申請には別途費用が必要です。申請費用については当社スタッフにお問合せ下さい。

ページトップへ