滋賀県の注文住宅・自由設計ならアヤハ不動産のアヤホーム

アヤホームで建てる、自由設計の家

お問い合わせ・資料請求

「テクノストラクチャーの家」

大切なものを守る思いをより強く、長く。高耐震性能の住まい

災害や経年劣化によってたわみやすい梁。そこに鉄を入れて補強したのがテクノビームという、パナソニックオリジナルのハイブリッド梁です。テクノストラクチャーの家では、このテクノビームを使い、さらにプランの段階で一棟ごとに構造計算を実施、地震などの災害に対する強度を確保した上で家づくりを行っています。

木のもつ優しさと鉄の強さのハイブリット工法

木と鉄の複合梁「テクノビーム」と高強度オリジナル接合金具を使用し、さらに最新の構造計算を導入した「テクノストラクチャー工法」が地震に強くバランスの取れた住まいを実現しました。

築年数が増えると建てつけが悪くなるのも、梁が下がることによって開口部の真ん中あたりが下がってくるから、それを防ぐには、なるべく大きな開口部をつくらないのが良いのですが、それでは柱がいっぱいの、せせましい家になってしまいます。そこでパナソニックが考え出したのが、木に鉄を組み合わせた梁「テクノビーム」。木造住宅の良さはそのままに、木造の弱点である梁を鉄によって補強した新技術です。
このテクノビームによって、一般的な木造軸組工法で約3.6mしかとれなかった柱と柱の間を、最大約6m(壁心寸法)まで広げることが可能になりました。20畳以上のも大空間が実現でき、ワイドビューを楽しめる大きな窓の設置も自由です。


梁の強さが大空間を支えます。

デザインの幅が広がります

テクノビームという木と鉄の複合梁によって、在来の木造住宅よりも広々とした開口部や吹き抜けが可能になりました。またどんな大胆なデザインでも、構造計算によって強さの裏付けをとるので安心です。

(構造計算の結果、安全性に疑問がある場合には、一部デザインの変更をお願いするケースがあります。)

構造計算システムであなたの家を綿密にチェック。

綿密な構造計算を、一棟一棟で実施。
構造的な不安を解消した信頼の設計を実現する独自のシステムです。

実物大の耐震実験では震度7をクリア


テクノストラクチャーで実際に建てた家を振動台にかける実験で、
震度7でも構造体の損傷・変形はなく、5回の激震にも十分耐える構造強度であることが確認されました。

コストパフォーマンスに優れた住宅です

鉄骨やRC造でないと不可能といわれてきたプランも、テクノストラクチャーなら木造でありながら実現する事ができます。また構造計算で強さを検証し、テクノビームで強度を確保しているという二重の安心感が得られます。
思いのプランを実現し、家族を守る上で、コストパフォーマンスに優れた木造住宅です。

高い耐震性を支える信頼の施工力


テクノストラクチャーの住宅は所定の研修を修了した、テクノストラクチャー工法採用ビルダーのみ建築ができます。地元に密着した顔の見える住宅営業・責任施工で安心をお届けします。

  • パナソニック耐震住宅工法 テクノストラクチャー
実例紹介はこちら 新着イベントはこちら
ページトップへ