会社概要
HOME会社概要 > 沿革

沿革

1974年11月株式会社日野タイヤコード共同作業所として東京都中央区で創立
1979年 8月株式会社アヤハエンジニアリングに商号変更、本社を滋賀県草津市に置く
1985年 5月電子機器の設計、製造、販売の業務を始める
1986年 4月CCD表面欠陥検査装置の販売を開始
1987年 4月不織布向欠陥検査装置「FQC425」を開発
1988年 8月資本金3000万円に増資
1995年 4月欠陥画像モニタリングシステム20MHz駆動欠陥検査装置「AMS20」を開発
1996年 1月本社機能を現在の滋賀県東近江市に移転
1997年 4月関東事務所を埼玉県三郷市に開設
2001年 4月40MHz駆動欠陥検査装置「PODS4003」を開発
2001年 8月品質規格ISO9001認証取得
2003年 7月PCIボードタイプの欠陥検査装置「FITS」を開発
2005年 6月関東事務所を同市内に移転し、関東営業所として開設
2005年10月業界最速160MHz駆動の高精度欠陥検査装置「A.I.rise」を開発
2006年 8月本社に南工場、クリーンルームを増設
2012年 4月1μ検査の高精度オフライン検査装置「OMI-UL」を開発
2014年 8月茨城県つくば市に研究開発室を開設