FAQ
HOME > FAQ

FAQ

マーキング装置に関するQ&A

日頃からよくお問い合わせいただく内容をまとめてみました。
その他にもご質問等ありましたら、遠慮無くお電話ください。
当社は、マーキング装置の 「こんなことできないか?」をたくさんお待ちしています。

Q1:ラベルのサイズ仕様は、どのようなサイズまで制作できますか?
A1:
5mm×5mm~130mm×25mmまでの製作実績がございます。
Q2:糊の強さを弱くできますか?
A2:
普通糊以外に弱粘糊やリピール糊(再貼付糊)の製作が可能です。
Q3:1/3糊タイプが作れませんか?
A3:
1/3糊タイプの制作も可能ですが、糊巾を狭くするとラベル貼り付け時に傾いて貼り付けられ、 脱落の危険も出てきますので、その都度ご相談しながら進めさせていただきます。
Q4:ラベルの色は何色ができますか?
A4:
PETの赤色以外であれば制作可能です。
(白PETに赤色の印刷を行えばPETの赤色も対応可能です。)
Q5:ラベルとラベルの間隔を短く(0mm)できませんか?
A5:
PETの青色では3mmまで対応可能ですが、その他のラベルではラベル有無検知を行っているため最低5mmは必要です。
Q6:ユポラベルとはどんなものですか?
A6:
ポリプロピレン系合成紙で破れにくい特性があります。
Q7:ラベルに連番印字できますか?
A7:
糊の無いところにプリンター印字による連番印刷(001~600など)が可能です。
またバーコードやQRコードの印刷にも対応します。
Q8:耐熱ラベルは対応できますか?
A8:
耐熱約200℃の印字用粘着PETフィルム(HR1215-50)での製作実績があります。
ただし温度だけでなく時間にも影響されますので、サンプルラベルでの事前確認が必要です。
Q9:アルミラベルは対応できますか?
A9:
アルミ蒸着ラベルの製作実績があります。
なお金属探知機を使ったラベル有無検出をご利用の場合は30×25mm程度のサイズが必要です。
(金属探知機の能力に影響されるため、サンプルラベルでの事前確認が必要です)
Q1:デモ機の貸し出しはありますか?
A1:
カタログ掲載機種については、全てデモ機貸し出しが可能です。
貸し出し中で順番待ちの場合もありますので、お問い合わせください。
Q2:ラインスピードに適応したラベルマーカーの選定方法は?
A2:
最低ラインスピード ≧ ラベル繰り出し速度で選定してください。
例えば、最低ラインスピードが6m/minなら中速タイプ、3m/minなら低速タイプとなります。
Q3:海外で使用できますか?
A3:
100~200Vまで対応致します。
Q4:部品の購入は可能か?
A4:
押さえローラー、捲き取りローラー、スプリングなどの部品購入が可能です。
その他部品についても製作致します。
Q1:ラベル貼付精度の R:40mm とはどういう意味ですか?
A1:
一定速度でラベルを貼り付け時のバラツキが40mm以内(±20mm)という意味です。
Q2:ラインスピード1m/min以下での対応できますか?
A2:
ギヤ変更で0.2m/minまで対応実績があります。
ただし、高速時(例:10m/min)での能力不足及び、貼り付け精度も極端に低下しますので、広い範囲のスピード(例:0.1~5m/min)に対応しなければいけない場合は、速度選択機能付のAMK-クリーンを推奨します。
Q3:高速ラインの対応実績は?
A3:
AMK-S1では、600m/minの導入実績があります。
Q4:本体とコントローラの分離は可能ですか?
A4:
ご要望に応じて、特注マーキング装置の製作が可能です。
Q1:超低速に対応できますか?
A1:
低速タイプの2m/minまでとなります。AMK-S1またはAMK-クリーンにて対応できます。
Q2:本体とコントロールBOX間のケーブル長は?
A2:
標準ケーブル長は5mです。最大10mまでの延長やロボットケーブルへの変更実績があります。
Q3:本体のみの購入は可能ですか?
A3:
本体のみでの販売にもお応えしています。
Q4:貼り付けミス検知機能はついていますか?
A4:
特注対応にて、貼り付け直後にセンサーを追加しエラー表示対応を致します。
Q5:封止用の専用機がありますか?
A5:
専用機はありません。AMK-Miniの使用例のひとつとして紹介しています。
Q1:白色のマジックは使えますか?
A1:
白色のマジックで多く使われている内蔵ボールを振って使用するタイプのマジックでは使用できません。
Q2:こちらで選定したマジックにも対応してくれますか?
A2:
ホルダー部の改造が必要ですが、対応可能です。
約5割のお客様が個別に選定したマジックをご利用されています。
Q3:耐熱インクは使えますか?
A3:
インクとホルダー(ペン)をご指定いただければ、対応検討します。
Q4:マジックで書いてからどれくらいで乾きますか?
A4:
およそ2~5秒です。材質により変わりますので実機での確認をお願いします。
Q5:連続マーキングできますか?
A5:
連続、間欠などのマーキング方法をご指示いただければ、特注対応致します。
連続マーキングをご希望のお客様にはインク自動補給タイプの機種をご用意しています。
Q1:刃の種類は?
A1:
綾目、平目で刃巾は10mmが標準です。他の模様や巾はご相談に応じます。
Q2:温度は何℃まで上げられますか?
A2:
温度設定は280℃(刃面温度250℃)まで設定できます。
ただし高速ラインでは熱を奪われ実測温度が下がる場合があります。