本文へ

「人、仕事」のこと

一人ひとりのビジョンが
アヤハの未来をつくる。

社員紹介

Staff Introduction

綾羽工業株式会社
高島工場 ディップ部

干場 二朗

工芸科学研究科修了
2015年入社

ディップ部について教えてください

繊維織物を樹脂加工し、タイヤなどに不可欠な補強材に

おおまかに言うと、化学繊維で織った反物を自動車のタイヤ、コンベヤベルトといった製品に欠かせない補強材に加工していく部署です。大型機械に反物をセットし、ゴムとの接着強度を増すように特殊な薬剤に浸して加熱しながら引っ張り、ニーズに応じた物性をもつ製品にします。この補強材が無ければタイヤもベルトも成り立ちません。身近な製品を見えないところで支えるものを作っているんです。

今の仕事の醍醐味は?

緊張感ある仕事だからこそ達成感も味わえる

醍醐味は日々緊張感があることです。稼働中の機械には約1分で次に加工する織物をセットしなければならず、当初は焦ってたびたびセットの仕方を間違えました。気を引き締めながらも、心に余裕を持たないといけないんですね。そこがうまくいくようになると、製品を作りだすたびに毎回達成感を得ることができます。

この会社を選んだ理由は?

工場の気さくな雰囲気が入社の決め手に

就職活動では会社の雰囲気を重視しました。合成繊維などを学んできたので、そうしたものを扱う業界を中心に回るなか、アヤハは人事の方々が親しく会話していてコミュニケーションがしっかりとれている会社だなと感じました。さらに二次面接で工場見学した際も現場の方が気さくに話してくれて、印象が良かったのが決め手になりました。

休日はどう過ごしていますか?

音楽にゴルフ、趣味の幅が広がっています

高島市の楽団でトランペットを吹いていて、その練習に行ったり発表会に参加したり。小中高と吹奏楽部で、大学もサークルに入っていたので続けられるのは嬉しいですね。あとは最近ゴルフを始めたので打ちっ放しにも行きます。今の部署はゴルフ好きな方が多く、スイングなどをよく教えてもらっています。

今後の目標を教えてください

いっそう成長して自ら提案できる人材に

まずは今の加工技術をもっと上達させたい。この会社はやりたいことに挑戦させてくれるので、将来は別の部署にまわっても役に立てるよう、自分から改善点や新しいことを提案してそれを実現させることができる人材になっていきたいと思っています。

AYAHA GROUP
RECRUITING