本文へ

「人、仕事」のこと

一人ひとりのビジョンが
アヤハの未来をつくる。

社員紹介

Staff Introduction

綾羽工業株式会社
第2営業部

城野 秀暢

理工学部卒
2015年入社

アヤハに入社した決め手は何ですか?

暮らしを支える多彩な製品づくりに魅力を感じて

大学では化学を専攻していたので、化学メーカーまたは化学に関連する企業への就職を考えていました。なかでも綾羽工業を選んだのは、産業用繊維資材、合成材、タイヤ用資材、環境関連製品など幅広い繊維製品を手がけているところに興味を持ったから。さらにアヤハグループとして小売、ホテル、不動産業など多彩な事業を展開している点にも将来性や安定性を感じました。

入社後から現在の仕事内容は?

研修、製造現場を経て、営業職に

入社後は研修として、撚糸工程・製織工程・ディップ加工などの各工程を3ヵ月かけて経験しました。その後、繊維表面に樹脂加工を施すディップ加工の部門に配属され、2年目より営業部に所属しています。ここでの仕事は、産業用繊維資材を原糸メーカーや樹脂加工メーカーといったお客様へご提案すること。今はまだ先輩に同行しながら、商品や取引先について勉強しているところです。

営業の面白さはどんなところですか?

品質・コスト・納期を守る、いわばプロジェクトの中核

「営業はお客様に商品を売るだけでなく、仕入先との折衝業務や自社工場との調整業務も担います。私はまだ独り立ちしていませんが、自分が中心となって仕入先・販売先・自社工場とやりとりしながら、いわばプロジェクト全体を進めていける。また、お客様の意見や市場ニーズをもとに新たな製品開発につなげていけるのが面白いところだと思います。私も早くその醍醐味を味わってみたいですね。

今後の目標を教えてください

綾羽工業のすべての営業を経験してみたい

私たちの仕事に不可欠なのは、お客様とじっくりお付き合いしながら深い信頼関係を築いていくことです。そのため、雑談のなかでいかにお客様について知って、仕事のヒントを見つけるかが大事。私は年上のお客様と楽しく雑談できるようゴルフを始め、趣味の世界も広がりました。そして今後は産業用繊維資材だけでなく他部署の営業も経験し、理系出身の営業として活躍したいと思っています。

AYAHA GROUP
RECRUITING