本文へ

「人、仕事」のこと

一人ひとりのビジョンが
アヤハの未来をつくる。

社員紹介

Staff Introduction

株式会社アヤハエンジニアリング
技術部 設計課

松下 直樹

工学部卒
2011年入社

これまでのキャリアを教えてください

3年目でソフト設計者に

入社してまずは1年間、実験業務で検査機の基本や光学分析を学び、2年目からはソフト製作に携わりました。3年目からはソフト設計を担当しています。

当社の検査機はラインセンサカメラで検出した欠陥データ(信号)を画像処理にかけ、お客様が求める形でパソコンに表示させます。そのためのソフト設計が私の主な役割です。設計にあたっては、お客様の工場に出向いて現場を確認することもあります。設計に入る前段階で、お客様のご要望、現場の様子をしっかりと確認しておくことが求められる仕事です。

この仕事で大切なことは

お互いの状況を確認し、進捗を把握すること

この仕事で重要なのは、決められた納期に向けて段取りよく業務を進めることです。そのためには、自分の役割を把握しているだけではいけません。全体の流れをわかっておくことはもちろん、関わる人たちの業務の進捗も把握しておく必要があります。みんなで協力して一つのものを作っているイメージですね。

当社では情報共有のため、毎日、部署ごとに「朝礼」と「終礼」を行っています。「朝礼」でその日の業務予定を共有し、「終礼」で進捗具合を確認しています。

アヤハを選んでよかったと思うことは

一部だけでなく全体を知ることができる

大学では情報系の学科で学んでいたため、自分のやりたいソフト設計や開発に携われるとして入社を決めました。

当社は量産の製造をする大きな工場ではないため、それぞれの役割が細かくきっちりと分かれているわけではありません。そのため、ソフト設計者と言えどもお客様の工場での調整やトラブル対応などを行うこともありますし、ハードの設計も担当することで検査装置全体に関与することもあります。自分の仕事の範囲だけでなく全体を知ることができるため、自分の仕事にも責任感が生まれ、やりがいに感じています。

AYAHA GROUP
RECRUITING